--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.20 (Tue)

HDC-TM60 デジタルハイビジョンビデオカメラ Panasonic

HDC-TM60 Panasonic
機種名:HDC-TM60    発売日:2010年2月
実勢価格:\50,000~70,000  
ビデオカメラ・メリット
・本体質量259gというコンパクトボディだが64GBの内臓メモリー。
 またシンプルな構造ゆえに振動や衝撃に強い。携帯性は◎。

・広角35.7mmレンズで屋内でも広く撮影可能。

・HDC-TM70と同様に35倍ズームが搭載。ぼけづらいズームも手ぶれ補正で初心者でも楽に撮れる。
 ズーム機能でいえばソニーよりも優秀。
ビデオカメラ・デメリット
・風の音が録音されることを防ぐ風音キャンセラーが弱い。

・ソニー製に比べると夜間撮影はノイズが入る。暗い場所での撮影にはあまり強くない。

・発色がソニーに比べるとイマイチ。ただ値段を考えれば気にするほどでもない。
ビデオカメラおすすめ
軽さもあり使い勝手はいいと思う。
屋外で子供をガンガン撮りたい方にはぜひオススメ。
あまり精度が高いわけではないが「個人認識機能」のシステムは面白いと思う。
この値段なら買い!55,000円
ビデオカメラオススメマーク★★★


スポンサーサイト
16:58  |  Panasonic  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.23 (Sat)

HDC-SD200 Panasonic

HHDC-SD200 Panasonic
機種名:HDC-SD200    発売日:2009年2月
実勢価格:\50,000~60,000  
ビデオカメラ・メリット
・パナノニック製の他機種と同様に「3MOSセンサー」を搭載。
総画素数915万画素をこの価格帯で購入できるのは非常に嬉しい。

・他機種と同様に「おまかせiA」や「追っかけフォーカス」機能ももちろん搭載。
 初心者でもオートで綺麗な映像が撮れる。

・携帯性とグリップ感はTM300やHS300と比べると良い。
ビデオカメラ・デメリット
・タッチパネル操作は、カメラ慣れした人間には面倒。

・バッテリーは他同様に△

・本体質量460gと重め。女性には扱いづらい。
ビデオカメラおすすめ
HDDも内蔵メモリーもないモデル。画質もそこそこ良いので入門機としてはいいかもしれないが、
パナソニックを使ってみたい方にはいいかも。TM300より映像はいいような気もするが……。
とりたててオススメはしない。
この値段なら買い!45,000円
ビデオカメラオススメマーク★★



11:22  |  Panasonic  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.22 (Fri)

HDC-HS60 デジタルハイビジョンビデオカメラ Panasonic

HDC-HS60 デジタルハイビジョンビデオカメラ Panasonic
機種名:HDC-HS60    発売日:2010年2月
実勢価格:\60,000~70,000  
ビデオカメラ・メリット
・長時間撮り貯められる!というウリの大容量160GBは凄い。
 容量にここまでこだわる層がいるかは別にして。HDC-TM60よりやや重いが携帯性は○。

・衝撃に強い「HDDプロテクション」を採用している。限度はあるだろうけどデリケートな機械なので
 こういった対策が少しでもとられていると嬉しい。

・HDC-TM60と同様に35倍ズームが優秀。
ビデオカメラ・デメリット
・スタミナバッテリー、とオフィシャルではウリにしているが最長約50分は微妙。

・HDC-TM60と同様に風音キャンセラーが弱い。
ビデオカメラおすすめ
他の機種も同様だがパナソニックのテレビ「ビエラ」とリンクできるのは面白い。
SDカードを入れるだけというお手軽さはファミリー向けとして良くできている。低価格な今はオススメ。
この値段なら買い!50,000円
ビデオカメラオススメマーク★★★★



13:32  |  Panasonic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.11 (Mon)

HDR-CX370V (デジタルHDビデオカメラレコーダー) SONY

HDR-CX370V  (デジタルHDビデオカメラレコーダー) SONY
機種名:HDR-CX370V   発売日:2010年2月
実勢価格:\63,448~\82,800円  
ビデオカメラ・メリット
・価格comの売れ筋第1位を誇る人気機種。軽量タイプでありながら420万画素と高画質、そしてソニー製。値段を考えると初心者にはピッタリと言えるタイプ。

・内臓メモリー64GB(最長記録26時間)・2.7型ワイドクリアフォト液晶、コストパフォーマンスを考えるとかなり優秀。また液晶も見やすく、操作性も良い。

・缶ジュースなみのサイズなのでお手軽にハイビジョン撮影ができる。荷物にならないので旅行やちょっとした遠出にも持って行きやすい。また手ぶれ補正もこのクラスのカメラであれば十分。

・ソニーのテレビ<ブラビア>のリモコンからハンディカムを操作可能。小さいポイントだがソニーしかマネできないシステムは凄いと思う。
ビデオカメラ・デメリット
・ビューファインダー非搭載。なので液晶での撮影になる。やや使う人を選ぶか。

・マイクが貧弱。風切り音は入るが、被写体の声が入らない。

・本体にボタンが少なく液晶パネルでの操作なので、機械に弱い層はやや困るかもしれない。

・値段を考えるとしょうがないが、ソニーの他のカメラと比較すると映像の質が劣る。ビデオカメラおすすめ
ブランド力・値段・スペックも考える、初心者には一番オススメできる。
音が弱い面は気になるが、ソニーに同クラスのカメラの中ではベストな選択肢だと思う。
長い間使用できるスペックは満たしている。
波打ち現象の報告もあるみたいだが、CX550Vに比べるとさほど気にならない程度。
またこのクラスのカメラには大した問題ではないと思う。
この値段なら買い!58,000円
ビデオカメラオススメマーク★★★★★



17:51  |  Sony  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。